砂漠を緑に

中国・ホルチン砂漠での植樹活動『砂漠を緑に!』は、地球の砂漠化を防止することとともに、砂漠の緑化を図る植林活動等の体験を通じて、組合員の国際的な社会問題への意識を醸成することを目的に実施しています。

活動紹介

砂漠を緑に!活動紹介

砂漠ってどんなところ?

  • *
  • *
  • *
  • *
  • ◆ホルチン砂漠

    日本からわずか約1,500km、関西国際空港から直行便の飛行機で東北地方最大の都市瀋陽(旧奉天市)まで約3時間。そこから車でさらに約3時間。当会が活動するホルチン砂漠は、日本から最も近い砂漠です。
    面積はおよそ42,300平方キロメートル。オランダやスイスとほぼ同じ広さです。
    砂漠は、強い偏西風に吹かれ、毎年数キロずつ西から東へ進み拡大し続けています。450万人の人口を抱える大都市瀋陽も、砂の脅威にさらされています。
    その風と砂は、日本海を越えて「黄砂」として日本にまでやってきます。

  • ◆砂漠化の現状

    地球では毎年、四国と九州をあわせた面積(約600万ha)が砂漠化している。中国においても埼玉県の面積が毎年砂漠化している。
    砂漠化のスピードは想像以上に速い。2か月前に設置した「柵」が砂に飲み込まれている。

    約60センチの高さの藁のカベも2週間程度で砂に埋もれてしまう。一度失われた緑は自然に回復しない・・・。

  • *
  • *
  • *
  • ◆緑化活動の効果

    砂漠化の一番の原因といえる放牧。現地の人の生活を支えている。しかしそれによって砂漠化が進む。長い目で見ると砂漠化は現地民の生活に悪影響をもたらす。
    緑化ネットワークが設置している柵は、牛や馬の侵入を防ぎ、緑化の効果をもたらす。
    写真を見ると効果がよくわかる。2年で効果は絶大。

活動

Facebook